FC2ブログ

ミツバチのささやき

女子大学院生日記。カンボジアのこと,映画のこと,三線のこと,アートなこと,日々の徒然。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔々,あるところにおじいさんとanaちゃんがおりました。
おじいさんは山へ芝刈りに,anaちゃんは川へ洗濯に行きました。

えっ!?anaちゃんは川へ洗濯に行きました・・・!?

これは,今は昔でなく,現在,カンボジアでの農村のお話です。

村での滞在が始まりました。

朝は鶏が時を知らせ,牛がモーモー,豚がブヒーブヒーと鳴き,アヒルが列を成して散歩しています。
高床式の木造の家が並び,稲刈りを済ませたおじさんが,たくさんの稲を積んで牛車を走らせます。

高床式の家の下は,影で涼しく,村の人たちがハンモックにゆられながら談笑し,ラジオから歌謡曲が流れ,井戸のポンプを押す音が聞こえてきます。

村の子供
※副村長の子ども。高床式の家の下で。

パパイヤやオレンジ,バナナの木がたくさんの実をつけ,木々が鮮やかな花を咲かせています。

ステイ先のお宅はちょうど40歳ほどのご夫婦と小学生から高校生までの子供が4人,両親を亡くした小学生の姪っ子甥っ子2人を預かる計6人家族。
ご主人は警察官。奥さんは農村では少数派の「主婦」です。

村で初めての日曜日。この家族の「洗濯日」です。

「洗濯は,井戸でもいいし,川でもいいし。でも,川の洗濯の方が楽しいわよ」。

と奥さん。

楽しいとなれば,やっぱ川に行くっきゃないでしょう。

長女のレスミー(仮名;高校2年生)の引率で,洗濯物を持って川へ向かいます。
川の水は決してキレイではなく,土色に濁っていて視界0メートル・・・。
下の子供たちは洗濯をしながら,楽しそうに川に飛び込んだり泳いだり。

川岸に小さな椅子を置いて座り,川からバケツに水を汲み,たらいでゴシゴシ服を洗います。洗剤は合成洗剤を使うのが,日本昔話とは違うところ。

洗い終わるとカヌーにたらいを載せ,われわれもカヌーに乗り込みます。
下の子たちが泳いでカヌーをひっぱり,少し水のきれいなところへ連れていってくれます。
カヌーの上から洗った服を川に入れて,ジャブジャブジャブジャブとすすぎです。

軽く絞って干すだけで,強い日差しがカラカラに洗濯物を仕上げてくれます。

カヌーに乗って川で洗濯。
なんとも牧歌的で楽しい日常のひと仕事なのでした。
スポンサーサイト
コメント

カヌー引っ張るんですか!楽しそうですね。
2006/12/01(金) 20:42:51 | |chikwangue #-[ 編集]
>chikwangueさん、
人動洗濯機ですね。
2006/12/05(火) 12:17:51 | |ana #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anatorrent.blog21.fc2.com/tb.php/94-0d2692e7
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。