FC2ブログ

ミツバチのささやき

女子大学院生日記。カンボジアのこと,映画のこと,三線のこと,アートなこと,日々の徒然。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日,京都の国立近代美術館の

「人と自然:ある芸術家の理想と挑戦 フンデルトヴァッサー展」

を観に行った。

展示の多くは絵だったのだけど,おもしろかったのは建築。
大阪市のごみ焼却場とスラッジセンターは彼のデザインした建物らしい。

そういえば,大阪の舞洲で

「なんじゃこりゃ!」

とたまげたことがあったけど,あれは彼の建築だったのだ。

というわけで,早速,再度,舞洲までごみ焼却場とスラッジセンターを見に行ってきた。
総工費600億円というおそろしい費用がかかっているため,市民からは

「税金の無駄遣い!」

との声が高い。

しかし一方で,

「フンデルトヴァッサーは“自然と建築の調和・共生”を提唱しているのだから,単純に無駄遣い!とは言えない。感慨深いものがあるのだ!」

という意見もあるみたい。

「自然との調和と共生」

確かに思想としてはいいけれど,

「どうみても,自然と調和し,共生しているようには見えない…」

というのが私の感想。

だってこんな建物なんだもん…。

大阪市ゴミ焼却場

スポンサーサイト
コメント

この塔、やばくないですか・・・・・
2006/05/01(月) 23:33:27 | |hunderzo #-[ 編集]
>hunderzoさん
やばい・・・
「やばい」をどう解釈していいのかわかりませんが,確かに「やばい」といえば「やばい」かもしれません。
この塔で,どう「自然との融合」を表現しようとしたんでしょうね??
2006/05/02(火) 17:07:05 | |ana #-[ 編集]
同じく
自然と調和、共生してるように見えないねぇ。
芸術性とかは、あるんだろうけど・・・。
しかし、大阪市のごみ焼却場がこんな建物だったとは知らなかった。
意外な感じです。
2006/05/04(木) 03:07:22 | |yumi #-[ 編集]
>yumiちゃん
なんでまた大阪市はこんなに巨額な資金を投入して,こんなゴミ焼却場を造ったんでしょうね?

舞洲開発の一環かな。でも,すごく辺鄙なところにあるし,あまり人も見に来ないだろうなぁ。

やっぱり,税金の無駄づかいのような気が・・・。
2006/05/04(木) 10:47:02 | |ana #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anatorrent.blog21.fc2.com/tb.php/58-b29e7ccf
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。