FC2ブログ

ミツバチのささやき

女子大学院生日記。カンボジアのこと,映画のこと,三線のこと,アートなこと,日々の徒然。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生(ナマ)古謝美佐子を聞いてしまいました。

竹田の子守唄の故郷である京都の竹田で,「ふしみ人権のつどい」というイベントの中で,古謝美佐子さんのスペシャルライブがありました。

以前にこのblogでも紹介した古謝さんですが,あの『童神』を作った「母なる人」です。

本当に「母なる人」という言葉がぴったりくる人でした。
言葉がありきたりだけど,,,暖かくて深い。


古謝さんが4歳の時,お父さんは基地に出勤する途中に軍のトラックにひかれ亡くなったそうです。

多くの怒りや悲しみを自分の中で「優しさ」に変えてきた人なんだ,ということがありありと伝わってきました。
彼女が「魂の歌」を歌うわけが,とてもよく理解できたように思います。



とても久しぶりに,歌を聴いて泣いてしまいました。


kojya
※写真は古謝美佐子Official Web Site より
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/16(木) 08:01:15 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://anatorrent.blog21.fc2.com/tb.php/50-f24eddb3
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。