FC2ブログ

ミツバチのささやき

女子大学院生日記。カンボジアのこと,映画のこと,三線のこと,アートなこと,日々の徒然。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちぃちゃんの様態も安定していたので,ちょこっと旅に出てきました。

沖縄は八重山です。

5日間で,石垣島,竹富島,小浜島,黒島を回りました。
日中は最高27℃!もう沖縄はすっかり夏!
海開き直前のビーチは,青く透き通り,穏やかな波が打ち寄せ,

「もう入っていいのよ~ん」

と誘っていました。ってか,私にはそういう風に見えました。

でもでも水着を忘れちゃった私。
しか~し,そんなことであきらめはしません。

着の身着のまま洋服のまま,おりゃ~!とダイブブルーのきらきら
波の誘いには応えなくてはならないのです。

旅行中は,八重山民謡に浸りました。八重山民謡を少しかじりながらも,八重山を全く知りませんでした。
食べて,呑んで,唄って,弾いて,踊って,食べて,嗅いで,触れてと,八重山を五感以上で感じた旅となりました。


それとは別に,八重山で今も残る「結」や「頼母子講」を目にしました。
「結」とは労働力交換の相互扶助,「頼母子講」とは仲間内での金融ローンのようなもの。
沖縄では「ゆいまーる」,「模合」あるいは「たのもし」とそれぞれ呼ぶようです。

小浜島では,ちょうどサトウキビの借入が「結」で行われていました。
といっても,作業を行っているのは島の人たちではなく,本土からやってきた若者たち。
以前は,地元の人たちが自分たちの労力交換をしていたのが,今では労力交換の形態を維持しつつも,実質的には共同雇用にその意味を若干変えているようです。

石垣島の八重山民謡の重鎮,安里勇さんの酒場ではちょうど「たのもし」の集まりがあり,地元の漁師さんたちが集まり,呑んで唄って踊って騒いでいました。

そんな相互扶助の残るYAWYAMAN ECONOMICSを一度じっくり調査してみたいものです。


またゆっくり行きたいな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。