FC2ブログ

ミツバチのささやき

女子大学院生日記。カンボジアのこと,映画のこと,三線のこと,アートなこと,日々の徒然。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年が明けて,またまた京都に引っ越しました。

大文字山の麓。毎日,雪が降っています。さむい。

さて,引越しが終わったというのに誰も祝ってくれないので,一人で祝います。

祝!出世!初のキッチンバストイレ付きマンション!

それって当たり前や~んと言われそうですが,これでもanaにとっては出世なのです!

これまでの1人暮らしって,数人での共同タイプの部屋ばかり。お手洗いやキッチン,お風呂などが共同のいわゆる「貸間」タイプの下宿。家賃はなんと京都のブランド左京区で1月20000円代!

安い上に,さみしくないのもまたよし。
1人になりたいときは部屋に籠り,寂しくなったらダイニングに出たり他の部屋を訪ねるとか。
昔の学生っぽい「農村共同体的」お部屋で暮らしていたわけです。

しかし,今回は本物の農村共同体生活に疲れて帰ってきた,ということもあり,また今年度から人並みの収入ができたということもあり,近代的都市型生活を選択したというわけ。

狭いけど落ち着く我が家になりました。
とにかく好きなものを並べています。

・電気をつけると部屋中にくもの巣が張ったようになるスタンド。
・呪われた骨董ガラスの金魚鉢(金魚を入れると即死する)。
・キューピー人形たち(緑キューピーはきもい),などなど。

new room


あまりに快適で,大学の正門まで自転車で3分という距離なのに,学校に行きたくなくなるのが難点です。


んでもって,実家のちぃちゃんも久々にup。
シャンプーに耐えれる体力がないので,どんどん毛を短くしています。
オールドに見えないかも?

chi

お陰さまで元気にやっておりま~す。

スポンサーサイト
blogの更新をとんとごぶさたしてしまいました…。
ここ最近のanaについて,5つのキーワードでまとめてみました。


■カンボジア農村生活

1年半のカンボジア滞在を終え,ようやく日本へ本格的に帰国しました。
1年間の農村の暮らしは想像したよりも,精神的にも肉体的にも大変でしたが,村を離れる時は別れがつらく
大泣き
してしまいました。
村がとても恋しいです。写真を見ると涙がでます。みなに会いたい。ぐすん。


■愛犬のちぃちゃん

日本へ帰国すると,家ではちぃちゃんが元気に迎えてくれました!!!
この12月で13歳になりました。
大型犬は10歳が寿命と言われるので,とても長寿のちぃちゃんです。
眼はあまり見えず,耳も遠くなり,脚は立ち上がるのもヨタヨタ…。
仕方ないですね。
でも,食欲旺盛で,元気♪です。
元気でいてくれてありがとう,ちぃちゃん。


■唄三線♪

帰国そうそう,100人以上のお客さんを前に唄いました。
しかも3人娘(?)で,舞台に立ち,それぞれ1人ずつ唄いました。
祝!!初・ソロ!
緊張して100.%の力は出せませんでしたが,皆が「よかったよ~」と言ってくれました。
人を楽しませ,癒せるように今年もがんばります!


■研究・論文

さて,カンボジアでの調査も終え,これから本格的に論文執筆に向かいます。
調査も楽しいけれど,まとめる作業も楽しい♪
大変とはいえ,楽しんで作業を進めていきたい。
村でもらった太陽と緑と優しい人々のエネルギーがあるので,きっと大丈夫です。


■ご挨拶

というわけで,日本に帰国しましたので,また仲良くしてやって下さい。
本年もどうぞ宜しくお願い致しま~す。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。