FC2ブログ

ミツバチのささやき

女子大学院生日記。カンボジアのこと,映画のこと,三線のこと,アートなこと,日々の徒然。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンボジアの首都プノンペンには,物乞いで生計を立てる人々がたくさん存在する。
幼い子供から,お年寄りまで,あらゆる年齢層の人がいる。
レストランやスーパーの前では,たくさんの子供がお金持ちのカンボジア人や外国人に「100リエル下さい」と手を合わせる。

農村では貧富の格差も小さく,物乞いで生計を立てる人を目にすることはほとんどない。
しかし,首都プノンペンでは各地から最貧困層が集まり,路上で生活する人が4000人以上存在する。

今,カンボジアはお盆(ボン・プチュムバン)真っ只中。
陰暦の10月満月の日から15日間に渡って行われる一大行事だ。
お盆はカンボジアの人々が,お寺や僧侶にお布施をすることによって多くの功徳を得る機会となる。それとともに,貧困な人々へ施しをすることも,功徳を得る1つの手段となる。

今日,お盆14日目。
プノンペンのWat ounalom(ウナロム寺)の境内には,多くの最貧困層の人々が集まっていた。お堂の中に入る参拝客の靴が盗まれないよう預かったり,お皿を配ったり,線香を整えたりと簡単な作業を担当しながら,施しを得る。
仕事からあぶれた子供たちは,参拝客に直接,施しを求める。

「100リエルください,100リエルください」。

子供たちが手を伸ばす。

参拝客が1人に100リエルを渡すと,20人ほどの子供たちがどっと寄ってきて,

「私にも!僕にも!」

と次々に駆け寄ってくる。

bonpp3
※お堂の入り口で,参拝客の靴を預かろうと手を伸ばす人々。

bonpp5
※お堂の中,本尊の前で,お線香を整える男の子

日本人の中には,物乞いにお金を渡すことに抵抗を覚える人が多いだろう。何か相手を見下しているような,侮蔑的な意味を持っているように感じるからだ。
しかし,ここではお金を持っている人がない人に与えるのは当然のこととされ,お金を与える人も功徳を得るという意味で,双方に利益が成立する。

赤子を抱きながら靴の番をする女性に話を聞こうと,彼女の隣に座ると,物乞いの子供たちも「なんだ?なんだ?」とわっと集まってきた。

彼女は抱いている子がお腹の中にいる時に夫を病気で亡くし,上の娘と二人で物乞いをしながら生活していと話した。
子供たちは,ほとんどの場合両親や片親がいるものの子供たちの物乞いが貴重な収入源になっているという状況だ。学校には行けない。安い家を借りている子もいれば,家族で路上生活をしている子もいた。

一人の男の子に,「一日いくら稼げるの?」と聞いてみた。

「普段は1日5000リエル(約140円)ぐらいかな」。

「すごいねー!たくさん稼ぐんだ!」

と思わず。

単純肉体労働者(土方作業)で,1日朝から夕方まで働いて4000(約110円)リエルなのを考えると,大した収入だ。

「じゃぁ,お盆の間は?」

「すっごくたくさんだよ」。

「たくさんっていくらよ?」

「んー,一万リエル(約300円)ぐらいかな」。

照れたようにうつむきながら男の子は答えた。

お盆の時期は彼らにとっての書き入れ時だ。
そしてこの間,お寺では参拝客がたくさんの食事をお寺に寄進する。その食事を彼らも食べることができる。1年の内,肉や魚の入ったおいしいたくさんの食事を取ることができる,とても貴重な機会になるのだ。

つづく。
スポンサーサイト
日曜日,お寺に行ってきました。お盆のお参りです。

家族総出の15人,車3台。
ボロン家の奥さん方の親戚です。奥さんの両親の子供たちと孫たちが集まりました。

研究所の仕事と博論の執筆と投稿論文の執筆に追われ,前日に「最近どうしてる?」と聞くと,

「かろうじて生きてる・・・」。

と答えてきた奥さんの弟さんも参加。
とても大切な行事なのです。

プノンペンから南へ約80キロのタカエウ州。奥さんの両親の田舎です。
そこのお寺を訪ねました。

プノンペンからお寺に寄進するためのたくさんの品々を積んでいきます。
お米やパン,調味料,缶詰に手作りの料理やお線香などなど。
私も寄進に協力するため,奥さんにお金を渡しました。寄進の品は奥さんにお任せ。
すると,インスタントラーメン3ケースになりました。

お父さん方,お母さん方,両方のお寺を回ります。
お父さん方の村のお寺にはお父さん方の親族が,お母さん方の村のお寺にはお母さん方の親族が,各地から集ってきています。

bon1
※わちゃーと人がいます。

寄進の品とお布施をお坊さんに渡し,お経をあげてもらいます。
お布施として渡したお金は,

「誰それさんいくら~,誰それさんいくら~」

と大音量のマイクで読み上げられます。

そして村の人々が準備してくれた食事をいただいて帰ります。

bon2
※寄進品を前にお経をあげるお坊さんと私のラーメン

お経をあげる声の調和がとても美しいです。お坊さんの後について,お経を唱える人々の声に耳を傾けるとゾクっと身震いするような感動を覚えます。
合唱やコーラスは本来宗教的なものなんでしょうね。

bon3
※熱心に手を合わせる人々

お寺にはあちらこちらに散らばっている親族が一堂に会します。お母さんのきょうだいはなんと10人!その配偶者に子供,そして孫が集まるわけですから,もう誰が誰だかよくわかりません。とにかくみんな親族だ,と認識するに留めました。

これだけの親族が集まり,久しぶりに顔を合わすわけですから,奥さんや娘さんたちがオシャレをするのも納得,ですね。


カンボジアは「お盆(プチュム・バン)」真っ只中です。
陰暦の10月満月の日から15日間に渡って行われる一大行事です。

プノンペン市内でも,先祖の供養のために,毎日たくさんの人がお寺を訪れ,寺院からは読経の声が聞こえてきます。

ボロン家も,今週末に奥さん方の田舎へお墓参り&お寺の参拝に行きます。
都会的で美人揃いのボロン家の場合,お寺に行くための準備として,まず始めるのが,
「身なりを整えること」。

奥さんはパーマをかけ,娘さんは新しいブラウスを買いに行きました。

で,奥さんは,私に向かって一言。

「anaも買い物に行きたかったら,一緒に行ってあげるわよ
(あんた,お寺に行くような,きれいな服がないでしょ←聞き取った心の声)」。

「はい,行きたいでございます」。

というわけで,奥さんと長女のレナーと3人で買い物に出かけた。

ブラウスを地元のマーケットで購入。
これでお寺行きの準備も万端です(ホンマかいな?)。


おまけ:
その後,最近新しくできたというショッピング・センターへ。
一階のカフェはこんな感じ。

cafe

こんな店が地元向けにできるなんて!カンボジアはどんどん変容しています。
一昨日,第一回「カンボジア研究・院生会 in プノンペン」を開催しました♪

同じ大学院から来ている友人と「カンボジアで調査をしている院生に,研究発表の機会を作ろう」ということで,“参加者は私たち2人でもいいから”と準備を始めました。

メールを通じて,会への参加,MLへの参加を呼びかけると,あれよあれよと人が集まり,2週間ほどでMLへの参加者が16名,昨日の院生会への参加者は11名でした。
日程の都合上,参加できなかった方も数名います。

「こんなにいたの~!?」

と主催者も参加者も驚きです。

参加者を見てみると,7割が女性。研究内容では6割が開発系。
なんだか,とても日本と日本の対カンボジア政策の状況を表していますね。

アジアやアフリカ,開発に関心を持ち,思い切りよく海外に出てくるのは「女性」という日本の若手世代の傾向。
そして,日本にとってカンボジアといえば「開発」という重点の置き方。

それぞれの国の研究者の人数,研究分野は,その国への日本のスタンスが現れているのかもしれません(研究者に怒られるかな?)。

ともあれ,カンボジアで色んな分野の研究を行う院生が,カンボジアについて互いに議論し,情報交換を行う場というのは,とても貴重です。
これかも会を重ねて,互いにカンボジアへの知識を深め,カンボジア研究の発展に貢献していきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。